161222売買計画

12/21の市場は小動き。
完全に休暇モードに入っていますね。
機関投資家はクリスマス休暇に入っていますから普段流動性が高いドル円でさえも値が飛びやすくなっていますので売買する際に気をつけたいところです。
【ドル円】
あれほどたくさんあったオプションがほとんど消滅。
119円と120円にのバリアが残存しているようなのでもしも今の流動性で抜けるのか怪しいので到達したら一度はバックに売ってみたいところ。
流動性薄いから防戦売りも薄いとかあるのでしょうか?
勉強だと思ってやってみようと思います。
下方向のオプションも消滅しまったせいで強気な押し目買いがしにくいです。
来年に向けて押しがあれば少額ロング欲しいところ。
【ユーロドル】
こちらも大量にあるオプションが消滅。
今までは50pips上がったら売るだけでオプションからの売買が機能して利益が出ていたので楽な相場でしたがこちらも考えなければいけないようです。
1.05付近は節目だから来年に向けてポジション欲しい。
1.06後半も1.05超えた後のレジスタンスなので売りは厚そう。
1.03付近にバリアがあるようなのでそこまでいったら反対売買試してみたいです。
【計画】
ドル円はオーダーが薄いので116.5まで落ちるようであれば少額来年に向けてロング。
119円と120円でデイトレでショート。
ユーロドルは市場の流動性低いことを加味して1.06後半まできたら少額ショート、1.030と1.035でデイトレでロング。
ポジポジ病だから書いておいて余計な取引しないように気をつけます。

スポンサーリンク