Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tatsu001/money-fx.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

FX, 相場分析


ポンドドル週足

ファンダメンタルからドル円の売りをしつこく試したのですが全く機能せずかなりの損失に。
それをポンドドルロングスイングトレードとユーロクロスで取り返すという苦しいトレードになりました。
結果的にはテクニカル通りの展開となり、最低でも3DMAを割るまではファンダメンタル的にショートでも打診売りに留めておこうという手痛い教訓になりました。
最終的には先週比-1.24%でしたが、ドル円だけで見ればおそらく-10%ぐらい出しています。

【ドル円】
日足、週足共に3DMA・25DMA上で推移。
先週ファンダメンタルから下げるだろうと早合点して手痛い損失になりましたので機会があればロング方向で攻めることにします。
意外とみんなショート目線で見てるようですし私もショート目線ですがストップ巻き込んで上昇するなんて展開もあるかもしれません。
少なくとも今のところ下げるシグナルは移動平均線からは出ていないので、先週の反省からきちんと確認します。

【ユーロ円】
日足シングルペネトレーションはターゲット到達。
ドル円の損失を埋めてくれたありがたい上昇でした。
週足3DMA上、25DMAもで推移。
日足も3DMA・25DMA上で推移。
週足・日足は上昇継続を示唆。
131~132は直近の日足サポート&レジスタンスになっているのでここを越えてこられるかがカギになりそう。
フィボナッチ的には134.00付近がターゲットになっていますが、ダブルレポの可能性も示唆しているので3DMA割るまでは買いということでストップがはっきりしたわかりやすいチャートにはなっています。

【ユーロドル】
こちらも日足シングルペネトレーションターゲット到達。
ドル円が膠着しているのでユーロ円と似た形になりがち。
こちらは週足25DMAが上側にいて週足上では戻り売りを示唆しています。
こうしてみると心情的には納得いかないものがあるのですが、円の地合いは弱いままのようです。
現在は5月からの日足レジスタンスでの攻防中。
下値トライがダマシに終わり3か月も膠着していますから抜ければ大きく動くかもしれません。

【ユーロポンド】
先週と変わらず週足で上昇の調整中。
100pips程度は下落したようですがスプレッドが広くデイトレに適さないので触っていません。

【ポンドドル】
先週日足で買い転換示唆したポンドドルはポジションとってから揉むことなくストレートに上昇。
先週の高値で200pips上昇しこちらもドル円の下落の損失を埋めてくれるありがたい上昇でした。
fibエキスパンションでは直近の明確な上昇からの押しがないのでターゲットが出しにくいのですが週足38.2%戻しの1.33辺りをターゲットに置くも日足のオシレータが買われ過ぎを示唆しているのでそろそろ厳しいかなといった感じではあります。
先週苦しい思いしているので個人的には決済しちゃおうかなって感じです。
オシレーターを除けば移動平均線から状況は先週同様。

【ポンド円】
先週と状況は同様。
円の地合いが弱く、週足25DMA147.25の攻防中とこちらは週足レベルで買い転換しそうです。
ポンドドルのオシレーターが少々気になりますがポンドを選択するならドルよりも円の方がテクニカル上は優位なようです。

【オージードル】
日足売られすぎの調整で100pips程上昇。
先週デイトレなら売り回転できそうっていう分析しましたが触っていたらたぶん損失出していました。
ユーロドルとポンドドルがわかりやすかったのでそちらを選択したのが功を奏した形。
触る通貨がなければこちらを選択して痛い目に合っていたことでしょう。
移動平均の状況は日足3DMA上で推移で日足レベルでの調整を示唆。
週足シングルペネトレーション待ちという状況は変わりませんので日足3DMAを再び割るか、週足の戻り待ちです。

【オージー円】
こちらもオージードルと変わらず。
クロス円の地合いが良いので日足レベルで上昇がこちらの方が強く25DMAの攻防中です。

【ユーロオージー】
先週1度押しがあったのですが、38.2%までは押すことなく再上昇。
ポジションとることができませんでした。
相変わらず週足では売られ過ぎを示唆しているので日足レベルでもう少し押しが欲しいところです。

【今週の戦略】
ほとんどのクロス円がレジスタンス攻防中で、先週のポンドドルのようなストップがわかりやすく大きな上昇が期待できるような通貨が移動平均上は見えないさそうなのが悩みどころ。
週足レベルの押しを待ちつつ、デイトレでクロス円のロングかユーロドルのロングをやることになると思います。