180909FX相場分析


最近はルーティンでやっていて幸い順調に増えているのですが、額が増えてきたことでより一層反省に力を入れないとなぁと思いつつゲームやら何やらを空いた時間にやっていて半年以上放置する結果になっていました。
3日坊主な性格本当なんとかしたいところです。

【ドル円】
週足は3MA、25MA上で推移。
日足はレンジだったものの111.0をブレイクし3MA・25MA下に。
これから動意付くかな?といった感じですが、ブレイクしただけで日足レベルではレンジの域を出ていません。
トランプ大統領のコメントでファンダメンタル的にはベアに傾きつつあるので、現状の水準ですとデイトレで売り回転が良さそうか?

【ユーロ円】
週足は3MA上25MA下で長期下落示唆。
日足は3MA・25MA下で推移もディナポリのシングルペネトレーションを示唆。
優先度から考えると日足で多少の反発示唆。
ファンダ的にドル円が下落示唆していることを考えるとどうにも円ショートポジションは取りにくいが、チャート的には多少の反発はあり得るらしい。

【ユーロドル】
ユーロ円と似たようなチャート。
ドル円がレンジなのでユーロ円とユーロドルはほぼ同じ値動きに。
上昇が弱いもののこちらもシングルペネトレーションによって多少の戻りは示唆。
移動平均線は日足25MAを割ってしまっているのでロングするにはこちらも少々勇気がいる。

【ユーロポンド】
週足3MMA下・25MA上で推移。
日足は3MA上・25MA上で推移。
週足レベルで調整を示唆。
スプレッドが大きくデイトレはしにくいのでやる通貨がなければ押しでロングするかもしれない。

【ポンド円】
週足25MA下・3MA上で推移。
日足は25MA上・3MA下と共に方向感のない動き。
上昇シングルペネトレーションが終了しているのであまり触りたくないです。

【ポンドドル】
週足3MA上・25MA下で下落調整を示唆。
日足は3MA・25MA上に浮上。
週足で上昇すればシングルペネトレーション待ちとなっていることと週足3MAと日足3MA・25MAとの整合性からロング回転で勝負したい。
ファンダ的に売りだがチャートがついてきてないドル円に比べて、同じドル絡みで割とわかりやすい値動き中。
スプレッドが大きいのがネックですが。

【オージー円】
週足3MA・25MA下
日足も同様とこちらは下落が鮮明。
日足下落がfib100%を達成していて売られすぎ県圏内にあるので現状の水準で安易にショートすると反発するか揉むかで苦労はしそう。
クロス円の中ではチャートはわかりやすい下落なので反発したらショート一考。

【オージドル】
こちらもオージ円同様。
日足レベルでfib100を破って161.8%を伺う展開。
週足はシングルペネトレーション待ちになっているが、この下落ではダイナミックに38.2%まで戻すビジョンがあまり見えない。
一応週足で反発待ちかつ日足が売られすぎ水準になることは考慮にいれておく。
ファンダ的にはショートになってるのも納得で一番わかりやすく売りやすい通貨かもしれない。

【ユーロオージー】
週足3MA・25MA上で推移。
fib100%オーバーで買われすぎ示唆。
日足も同様でシングルペネトレーション待ち。
スプレッドが広いがボラもある通貨なので押しを狙ってみたいところ。

【来週の戦略】
ユーロ・円・ドルがファンダとテクニカルが一致していないためどの通貨を触るか非常に悩むところ。
週足3MA下で推移すればデイトレでドル円ショート回転、ユーロ円とユーロドルはシングルペネトレションを試す、ポンドドルはスイングでロング、週足で安定しているオージー円はデイトレでショート回転、ユーロオージは押し待ち。
たぶんポンドドルスイングとスプレッドが比較的小さいオージー円やることになりそう。
これだけちぐはぐしてると通貨選択の時点で勝敗が決まるような気がします。

スポンサーリンク