190110FX相場分析

090110EURUSD1D
090110EURUSD1D

長らく1.15がレジスタンスになっていたユーロドルが上方向にブレイク。

ずっと前からユーロドルは上方向と言い続けてきたのでやっと目標達成して喜びも一入。

極論言えば収益に結びつかなければ意味がないのでどっちにブレイクするかなんては些細な事と言えばそれまでではありますが。


【ドル円】

3DMA下25DMA下で推移。

フラッシュクラッシュから急上昇したドル円は落ち着きを取り戻してきたのでそろそろテクニカル通り取引してもいいのかなという感じではあります。

TDシーケンシャルが9を点灯しそうですので長期保持はしたくないところ。

【ユーロドル】

レジスタンスだった1.15をブレイクしたのち現在は調整中。

ここで1.15を再度割り込んでしまうとかなりややこしいことになりそうなので、トレードが楽になるようにできればその辺りをサポートに上昇してほしいところ。

いつも参考程度にしか見ていませんがTDシーケンシャルも13を点灯しトレンドの転換を示唆。

【ユーロ円】

3DAM上25DMA下で推移。

ユーロドルが上値ブレイク攻防戦をしていてドル円が短期長期共に売り水準なので結構ややこしいことになっている印象を受けます。

ユーロを買うのであればユーロドルの方がわかりやすそうです。

【オージー円】

ここ3日ほど小動きで状況はあまり変わらず。

3DMA上推移25DMA下で調整継続中。現在の水準で推移すれば戻りの61.8%をレジスタンスに売り転換になるのですが、ここ数日ボラティリティが死んでいてアテにならないのでボラティリティが上昇するかはきちんと見ておいた方が良さそう。

【オージードル】

3DMA上25DMA上に転換。61.8%も越えてきたことでオージードルとは状況が違っています。

オージー・ドル・円で見るのであればドル円が一番弱いというロジックになりますのでややこしいオージー円は触らないのも手でしょうか?

【ユーロオージー】

3DMA下25DMA上で推移。

3DMA攻防中でこのままの水準で推移すれば明日には3DMA上で推移しますから動きが大きくなれば明日以降取引できそうです。

RRTの下落は成立したのでひと相場終わって様子見。


【昨日までのトレード】

一昨日はオージークロスでレンジブレイクを繰り返しダマシにあうトレードを繰り返し丸焼きにされていました。

明け方にようやくユーロドルで取り返す苦しい展開。

昨日はtwitterにも書いたようにユーロドル1.15ブレイクからはうまくトレードできましたが、その後明け方で押しで安易にロング入れたところジリ安に転換しストップアウト。

朝からもロングをことごとく失敗し最終的に3%の損失。

まず1.16つけにいくだろうと期待と妄想をごっちゃにしていたようです。

トレンドはある程度とれる自信はあるのですがレンジに移行する過程で収益を落とすのは前々からの課題で、この部分を克服しないと安定した資産の上昇はありえません。


【今日のトレード】

1.15をブレイクしおそらく注目されているだろうユーロドルを中心に触ろうと思います。

ドル円の5分足が朝からレンジになっていますので下方向にブレイクしたらこちらもいつも通りスキャルで触るかもしれません。

スポンサーリンク