10月第2週相場分析

ポンドドル週足

【先週の値動き】

ポンドが週末に乱高下

トランプ大統領コロナ陽性で円高

【ドル円】

週足3DAM下、25DMA下で売り示唆

オシレーターは反発開始

金曜日昼頃にトランプ大統領コロナの報道で下げるもNY後半まで反発

【ユーロ円】

週足3DMA下、25DMA上で短期下落・長期上昇を示唆。

フィボナッチコンフルエンス付近でいったん反発中

【ユーロドル】

週足3DMA下、25DMA上で短期下落・長期上昇を示唆。

【オージドル】

週足3DMA下、25DMA上で短期下落・長期上昇を示唆。

RBA会合は利下げがコンセンサスのはずだが先週のオージーは上昇。

【オージー円】

週足3DMA下、25DMA上で短期下落・長期上昇を示唆。

こちらはオージードルと同じような値動きをするも週足ローソク足の形状がダブルトップぽい。

今のところ注目されていないようだが下値付近になったら活発になるか?

【ポンド円】

週足3DMA下、25DMA上で短期下落・長期上昇を示唆。

木金で乱高下したが終わってみれば週足25DMAがサポートに。

下で見る場合ドル円が下げているのでポンドドルよりパフォーマンスが良さそう。

【ポンドドル】

週足3DMA下、25DMA上で短期下落・長期上昇を示唆。

フィボナッチのコンフルエンスに先々週サポートされた後反発して上昇。

ブレグジットの報道に一喜一憂していたので来週も乱高下しそう。

【ユーロオージー】

週足3DMA上、25DMA下で短期上昇・長期下落を示唆しているが完全にレンジ。

先々週は上値を試すも失敗し、先週は下降フラッグを描きながら下げ続けた。

ボリンジャーバンドがスクイーズしているのでどこかで動き出すとは思われる。

スポンサーリンク