FX, 相場分析

 

11/30は円安・ユーロ高。

ドル円は先日予想した通り調整。

ユーロドルも上昇したため結果的にはユーロ円が一番上昇しました。

ドル円は日足直近下落の50%と上昇トレンドはまだ確定していない形。

ユーロ円は134.5を上限とするレンジ相場の高値付近。

先日まであわや安値ブレイクということを考えると数日で高値付近なのですから相場はわからないものです。

ユーロドルのロングは含み益が出ているので評価的にはポジった位値も含めて良かったのではないでしょうか?

 

【ドル円】

9月中旬に上抜けに手こずった水準、直近下落の50%付近で攻防中。

25DMAや61.8%を上抜いていないので確定トレンドは下方向。

また急落と言うには動きがゆるいですがディナポリのシングルペネトレーションが成立しているように見えなくもありません。

以上のことからザラ場で一度は押すチャンスもあるのかなと思っています。

目線的には今のところショートで見ていて天井の形成待ちといったところ。

シングルペネトレーションがあるのでおそらくタイミングが合えば一度はショートで入ると思います。

 

【ユーロ円】

レンジ高値圏で推移。

レンジだと読んでいた人にとってはここ2ヶ月はおいしい相場だったかもしれません。

私は25DMAの行ったり来たりに振り回されて結構やられましたが。

日足TDシーケンシャルも余裕があり3日は上値トライできる日数残していますので

ユーロドルロング持っている身としてはそのまま上昇ブレイク希望といったところ。

3DMA、25DMA上で推移と上昇トレンド示唆していますが、今までのことを考えるとここでロングして天井は最悪なので、ブレイク確認するか短期でストップ狭めで勝負したいところ。

ユーロドルとドル円のシングルペネトレーションがあるのでこちらはノータッチ。

 

【ユーロドル】

一昨日ロングしたポジションをそのまま保持。

縮小する予定でしたが1日目陽線、2日目レジスタンスあっさり1日でブレイクと3DMA場に復帰。

TDシーケンシャルも下方向に転換した後上方向に再転換と9をつけなかったのも保持している理由。

fib100%の1.205をひとまずのターゲットとしています。

61.8%が直近の天井なのでブレイクできないようなら縮小を検討しています。

元々3DMAで縮小する予定でしたので予定通りといえば予定通り。

 

【売買計画】

ユーロドルロング保持しているので、ドル円の天井形成待ち。

シングルなので61.8%くらいでささっと大半決済してしまう予定。

週末ですのでユーロドルも決済して来週再度持ち直すかもしれません。