170206FX相場分析&売買計画

【相場概要】

0203のドル円相場は乱高下。

良好な雇用統計の結果にもかかわらずドル高にはならずむしろ売られる展開。

その後「3月の利上げもありえると伝わると一転してドル買い戻しになるも高値更新できず、NY後場になると再度反落1日通してみると安値圏で引けて終わってしまいました。

対ドル、対オージーなどで見てみるとドル高にはなっているものの雇用統計前から上昇の調整に入っていたので「3月利上げ発言」で下げたかと言われるとチャート上では特にそのような動きはしていません。

割と痴愚外しているのでテクニカルにしたがって売買するしかなさそうです。

 

 

【ドル円】

3DMA、25DMA下で推移。

テクニカル的には下落を示唆している状況は変わらず。

112.5あたりで何度もサポートされていて上昇をしそうな形にも見えますが、現在上値をゴリゴリ切り下げていて安値圏で推移しているので一度上方向に跳ねるような動きでもない限りは安易に下げ止まったと解釈するのは危なさそうです。

ボラティリティが日々下ってきていて収束してきているのでそろそろ動くんじゃないかとは思いますが。

オーダー的には本日安値である112.20から下は買いが断続的にある模様。

上方向はそれほど売りオーダーがないように見えるのでオーダーだけ見れば下値は固そうです。

 

【ユーロ円】

3DMA、25DMA下で推移。

こりらは12月の後半からずっとレンジでそろそろどっちかに抜けるんじゃないかと見ているのですがいつまで経っても抜けません。

1月始めも下抜けするような動き見せた後、失敗し上昇、上値トライも再度失敗再び下落と方向感のない動きをしています。

こちらもドル円と同じく下値トライするようなチャート形状しているので円が買われる地合ということかもしれません。

ドル円とユーロ円先に動いた方が釣られる形になるのでしょうか?

そろそろ動きそうなのでこの2つは注目しています。

 

【ユーロドル】

こちらは押しを挟みながらもゴリゴリ上昇継続中。

きれいな上昇ではありませんが固い値動きです。

3DMAは瞬間的に割るものの25DMAには触れることなく上昇。

昨年末高値の1.087があるので、ここでレジスタンスされると上昇相場は一服でしょうか。

ユーロドルは下方向で見ているのでここから再度下方向へ作り直しになることを想定しています。

テクニカル的には1.08に大きめのオプションがあるようなので1.085あたりが高値目処になりそうではあります。

 

【売買計画】

ドル円は112円台のオーダーが厚そうなので上抜け期待で下値で買い入れて見ようかと思います。

下値ブレイクしたり日足で112.5割っているようなら保持しない予定です。

オージドルがそろそろ高値圏示唆しているのですが、0.775狙いでまだ上方向で見ているので判断がそろそろ難しいところ。

仮に高値付近まで上昇するのであれば売られすぎ示唆していることもあって売ってみても面白いかもしれません。

今の水準だともうひと伸び欲しいところです。

 

 

スポンサーリンク